FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

有益な人生の刻み方11

このお話はあくまで、フィクションです。実際の登場人物や団体及び法律等は関係ありません。

パラレルです。

ここのキョーコちゃんはたくましいです。



彼が日本にやって来ました!!


彼が日本にやって来た!
暗い闇に生きる彼
光は彼に届くのか!?






有益な人生の刻み方11






コンコンコン


「はい。どうぞ」


カチャ


扉を開けて派手な衣装に身を包んだローリィー宝田が入ってきた。部屋には、テレビから目を外さない少年がいた。彼の周りには沢山のDVDが積み上げられていた。


「蓮。勉強ははかどっているか?」

「ボ、社長。なんとか…俺の言葉大丈夫ですか?」

「そうだな。発音はおかしくないぞ。文法等はともかく、お前一人で良くココまで…何処で覚えたんだ?」


蓮は社長の問いに、近くにあったケースを取ると苦笑をうかべた。


「演技の勉強の為と最近の日本の芸能界を知る為に、これだけ日本のテレビ番組を見れば…」

「まあ、元々基本的な会話は出来たからこそか…それにしても…見事に偏ってるな。彼女達が気に行ったのか?」


社長は、蓮のまわりに積み上がってるDVDケースを確認すると、満足げにニヤリと笑った。


「は?偏ってる?彼女達?何のことですか?」

「おまえ…気付いていないのか…コレ全部、LME所属の二人が子役で出ている作品がほとんどだ」

「そんなはずは…『琴波奏江』はともかく、あとは同一人物はいないはず…あっ…本当だ、これも、これも…『京子』…同一人物なんて…」


蓮は気付いた事実に呆然とした。社長はそんな様子を満足げに見て自慢げに言った。


「ハッハッハッ。俺が直々に見つけてきた人材だ。一度は俺から逃げきるほどの少女達だ。スカウトではあるが、ちゃんとオーディションを受け受かるほどの実力者でもある」

「えっ、社長が見つけてきたんだったら、事務所の全面バックアップのもとで、デビューしたんじゃないんですか?」


蓮の疑問に、社長は首を振った。


「それがいまだに俺の思惑を越えていく二人でな…いや、『京子』が型破りなだけか…」

「『京子』がどうかしたんですか?」

「彼女は俺の友人の知人でな。しかし、そのコネを使ってこなかったんだ」

「折角あるコネを使わなかったんですか?芸能界なんて実力は当然としても、コネは重要でしょう。どうして、彼女はそれを利用しなかったんですか?」

「友人が話してくれたんだが、友人が知り合った当時は、彼女はまだ芸能界を目指す事を決めたばかりの、この業界の事を何も知らない子供でな。本人も『実力のない状態で紹介されても、(俺の)友人に恥をかかせてしまうから…』と断ったそうだ」

「…それなのに、どうして社長と知り合ったんですか?その友人から彼女の事は聞いていたんですか?」

「いや、コレが水臭い話でな。彼女がLMEに所属してもデビューが決まるまでは、俺はあの二人が知り合いなんて知らなかったんだぞ!!だいたい二人と知り合ったのも、俺が偶然、彼女達が演技の練習をしていたのを見つけたらだぞ!水臭いと思わないか?こんなに面白い人材を俺に紹介しないなんて!!なんてもったいない事をしたんだと今思いだしても悔し涙が出るぞ!(クゥッ)」

「そ、そうですか…」


悔し涙を浮かべる社長に、蓮は頬を引き攣らせていた。

カシャ

DVDのケースがソファから落ちた。それを拾い上げながら『京子』に思いをはせる。


―――コネを持ちながらそれを使わず、短期間でココまで売れる役者…実力が在るのは作品を観たからわかる。役柄によってココまで印象が変わるなんて…しかも、性別も関係なく演じてる…本物の役者だ。…俺の目指す『姿(かたち)』がココにある。幸いにもLMEの所属だというし、会えるかな…そう言えば『あの子』は元気かな…また、一人で泣いているんじゃないだろうか……


社長の愚痴を聞き流しながら、『京子』に会ったら何を話そうか考えていた…






つづく

2011-08-18

キョーコとまだ再会していません。でも蓮は京子に興味を持っています。一通り目を通した後に、気に行った役者が出ていたDVDを繰り返し観ていたので、たまたま偏っただけです(笑)
web拍手 by FC2
プロフィール

神無月白猫

Author:神無月白猫
ここは、神無月白猫の管理する、ス/キ/ビ/の二次創作ブログです。

管理人は雑食というか、漫画なら結構色々好きなのでジャンルは増えるかもしれませんが、原作者様並びに出版社様とは何の関係もありません。
二次創作に抵抗のある方、また意味の分からない方は、これ以上の閲覧をお控えください。
ご覧になられる方は、自己責任にて閲覧してください。
無断による転用・誹謗中傷・荒らし行為もご遠慮ください。
以上、了承いただける方は各記事にお進みください。
                          開設日2011年01月16日
移転日2011年04月09日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。