FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

拍手お礼文(有益な人生の刻み方SSS1~6)

もと、父の日の期間限定SSです。

元々、拍手お礼にしようとしていた『有益な人生の刻み方』のSSSを6話でしたが、最初は設定がうまくいかなかったので限定企画で、アップしておりました。


今回設定が完了したので、拍手のお礼分としてアップしたSSSです。



あくまで、フィクションです。実際の登場人物や団体及び法律等は関係ありません。

パラレルです。



【恋は自己暗示!?(有益な人生の刻み方1の少し前)】



夢はいつか覚めるもの…目覚めの時は、ある日突然やってくる。

ある日、突然キョーコちゃんは思いました。

私、なんでショータローなんか好きなんだろう?
顔以外、一体どこがいいのかわからないわ。
恐ろしい!!
恋は盲目とは言うけれど、あんな我儘坊ちゃんに恋してるなんて勘違いした揚句、尽くしてきたなんて、いやーーー!過去の自分を消し去りたいーーーー!!


自宅マンションにてのたうちまわるキョーコちゃんでした(笑)




【現実にかえる!?(有益な人生の刻み方2の後、親子の会話)】



「そう言えばお前、よく冷静に考えられたわね」

「なにが?」

「恋する乙女には何を言っても届かないからよ」

「もしかして、ショータローのこと?」

「もしかしなくても、そのことよ」

「…言わないで…消し去りたい過去なんだから…(ズゥーン|||)」

「(すごい落ち込みようね)まあ、早く覚めて良かったわね…」

「ええ、本当に良かった…(シミジミ)危うく無駄な時間を費やすところだったわ…」

「そうね。あんなのに寄生されたらたまったものではないわね」

「ええ、間違っても初恋ではないわ!こんな物は!!」

「……(間違っても認めたくないのはわかるわ…)」



初恋は計画的に…?(笑)





【最上家の引越作業&リハーサル!?(有益な人生の刻み方3)】



「引越の準備進めておくね」

「そんなもの、引越サービスを頼めば良いじゃない。箱詰めからやってくれるわよ」

「……お母さん。下着や着替え、通帳なんかも詰めてもらうつもりなの…」

「はっ!それもそうね。お願いするわ」

「それに引越の準備は何も荷物を送ったりするだけじゃないわよ」

「他に何かあったかしら?ああ、新居を決めないとね」

「マンションやガス、水道、電気、新聞等の解約。郵便物の転送願い。それに―――」

「そんなにあるのね…」

「まあ、これは電話や郵便でも出来るから、必要事項と電話番号を書きだしておくわ。お母さん連絡してね」

「ええ、大丈夫よ。たぶん…」

「それから、お母さん銀行口座は何処があるの?」

「え?そんな事聞いてどうするの?」

「地方銀行しか持ってないんだったら、東京にも確実にある、大手の銀行に口座を開設して、お金を移しておかないと、お金下ろせなくなるよ。最近はコンビニでも下せるけど、地方銀行はその地区の物ぐらいしか下せないし、毎回毎回、クレジットカードで支払いなんかしてられないでしょう」

「そんなことも必要なのね…言われてみればそうね。休憩時間にでも、手続きしておくわ」

「お母さん…このマンションは誰が手続きしてくれたの…」

「…不破の女将さんよ…」

「……挨拶に行くけど…本当に大丈夫なんだよね…言いくるめられたりしないよね?」

「大丈夫よ!人生が掛かってるんですから!」

「……」

「…大丈夫よ(不安)…」

「練習しとこうか…」

「…そうね…」


深夜遅くまで母子で特訓!





【本日の占いは…!?(有益な人生の刻み方4 不動産屋の朝礼風景)】



「「「「「「「「社長。おはようございます」」」」」」」」

「ああ、みんなおはよう。本日も一日頑張ってお客様を獲得しましょう」

「本日は受付カウンターにお座りになるんですか?」

「ええそうです。今日の朝の占い(テレビ番組)で、一生もののお付き合いになる出会いがあると出ていたのです!!」

「えっ…そんな占い結果なかったと思いますが…(確か、社長の星座は最下位だったような…)」

「ええ、本日の占いでは私は最下位でしたが、そんな私を助けてくれるのは、新しく出会った子供と出ていました!子供に会うなんて普段は無い事です。これは、お客様に違いありません!」

「そうですか。会社にとってですかね?それともプライベートなももでしょうか?何にしても、有益な出会いだといいですね」

「ええ、私の占いだけでなく、妻の占い結果も『子供』と出ていましたから、プライベートでしょう。何にしても楽しみですvv」

「はい(ニッコリ)」

「さあ、準備が終わりましたら。開店です」

「「「「「「「「はい!!」」」」」」」」



最上親子来店少し前の不動産屋の風景。占いで本日の行動を決める社長に何の疑問も持たない社員達(笑)





【同類!?敵!?それとも…(有益な人生の刻み方5 捕まえた御祓い屋との会話)】



ライバル不動産が雇っていたのは、子供の霊能者だった。

「ねえ、なんでこんなことやってたの?お金?それとも…暇だから?」

「お前、変な奴だな。普通は大人に言われたからとか、脅されたとか、お小遣い(お金)ほしかったのかとか聞くもんだろうが。なんで『暇だから?』なんだ」

「だって、アンタ見てたら、暇つぶしにやってるみたいに見えたんだもん。ついでにお金も手に入れられる…みたいな」

「確信もっていってるな。その通りだが…お前も同類(御祓い屋)か?」

「わたしは、自己流です。アンタみたいな力はないわ。なんとなくわかるだけで」

「一度修行してみるか。お前ならいい線行くと思うが」

「修行!?興味はあるわね。でも、ここを離れなければいけないんでしょう?あんまり長期にわたって、よそには行きたくないし…」

「もうすぐ俺たち(小学生)は夏休みだ。その間の、超短期の修行で、お前が力を身につければいいだけの事だ」

「う~~ん。そうね~~~。御祓い屋になるつもりはないけど、身につけられる事は、何事もチャレンジしないとね。いいわ、アンタの話に乗るわ」

「じゃあ、夏休みにな。これ、俺の連絡先」

「子供のくせに携帯電話持ってるんだ…」

「一応この道のプロだからな」

「まあ、東京の住所が確定したら、連絡するわ。そういえば、名乗って無かったわね。私、キョーコ。アンタは?」

「レイノだ」

「……それ、本名?それとも、仕事用なの?源氏名?」

「一応、本名だ。それにしても遠慮のない奴だ」



御祓い屋はレイノでした(笑)変な出会い方しなければ、阿吽の呼吸で気が合いそうだと思いました(笑)恋愛感情には絶対ならないけど、確かな繋がりがある人…みたいな!?





【我慢の限界です!! (有益な人生の刻み方6 早朝の出来ごとの真相)】



「そういえば、あの日(朝早く兄弟との追いかけっこ)は何だったの?」

「家は兄弟が多くて、両親共働きだから、姉が食事の支度、私が洗濯を担当してるんだけど、男兄弟は何度言っても服を泥だらけにしてくるのよ!!こっちの(洗濯する)身にもなってほしいわ」

「……(小学生の男の子にそんなこと言っても無駄だと思う)」

「何か言った(怒)」

「いいえ。何も(声に出してないのに~~~!!(ブルブル))」

「それで、あの日は遂に我慢の限界がきて家を飛び出したんだけど、兄と弟、妹が追いかけて来て、喧嘩になったのよ…たぶん、アンタが見たのはその時ね」

「そうなんだ…(なんて言っていいのか一人っ子の私にはわからないわね)」

「まあ、それも中学生になるまでの我慢だから」

「なんで中学生?」

「まあ、色々ね(まさかあのバイトの事は流石に言えない)」

「そう(何かありそうだけど)別にいいけどね(私も言えない事あるし)」

「そういえば、演技練習は夏休みにもするの?(バイトがあるんだけど)」

「ううん。私も夏休みは東京に居ないから(レイノに紹介してもらった霊山で修行)たぶん、夏休みまでと新学期になってからかな」

「そう(丁度良かった)、なら区切りがいいから一緒に練習するのは、新学期からにしましょうか」

「そうね(突っ込んで聞かれなくてよかった)。それまでは、それぞれで練習しておいて、新学期になったら合わせない?丁度、クラスの劇とはいえ台本があるし、これをそれぞれ練習する事にしない?」

「そうね。そうしましょう」



あのバイトは例のバイトです。





2011-06-19
2011-07-21拍手お礼文として再アップ
web拍手 by FC2
プロフィール

神無月白猫

Author:神無月白猫
ここは、神無月白猫の管理する、ス/キ/ビ/の二次創作ブログです。

管理人は雑食というか、漫画なら結構色々好きなのでジャンルは増えるかもしれませんが、原作者様並びに出版社様とは何の関係もありません。
二次創作に抵抗のある方、また意味の分からない方は、これ以上の閲覧をお控えください。
ご覧になられる方は、自己責任にて閲覧してください。
無断による転用・誹謗中傷・荒らし行為もご遠慮ください。
以上、了承いただける方は各記事にお進みください。
                          開設日2011年01月16日
移転日2011年04月09日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。