FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

有益な人生の刻み方10

このお話はあくまで、フィクションです。実際の登場人物や団体及び法律等は関係ありません。

パラレルです。

ここのキョーコちゃんはたくましいです。



サンバサンバ


TPOは大事です
趣味は個人の自由なれど
人も迷惑も考えて下さい!
だけど芸能界ではコレが標準なのか!?






有益な人生の刻み方10






―――次の日の放課後



その日は、昨日の事もあるから、いつもの公園はやめて、鈴木夫妻秘蔵コレクションからお借りしたDVDを私の家で視ようと決めた。
掃除当番の私を奏江は屋上で待っている。
あまり待たせては悪いので、掃除を早く終わらせようとセッセと動いていた私の元へ、血相を変えた奏江が駆け込んできた。


「キョーコ!!大変よ!!」

「モー子さん。もう少しで終わるから…待たせてごめんね」

「何をのんきに…そんな事どうでもいいわよ!とにかく、窓の外を見なさい!!」

「窓?一体外に何があるって……」


奏江に促されるまま、私は窓の外を見た。教室の窓からは、校門がよく見えて放課後という事もあり、生徒が下校する光景が見える…が、今日は異様な光景が映し出された。


「なっ!な、な、な~~~~!!!」


私は校門に居る『ソレ』を腕をブンブン振りながら指さし、口をパクパクしながら言葉にならない声で、奏江に問いかけた。


「私が知る訳ないでしょ!!」

「でも…!!」


再び、黄門へ目をやった私には、やはり異様な光景が変わらず映し出された。
そこには、サンバダンサーのような衣装を身にまとった人たちが、下校する生徒を左右に並び、踊りながら送り出す光景が今も続いていた。


あっ!なんか、デジャブ…


脳裏に昨日会った『アラブの衣装をまとったあやしい紳士(?)』が浮かぶ。もし、コレが間違っていないのならば、彼らが待っているのは『私達』だ。


「モー子さん……」

「……いわないで…私もそう思うから…」

「どうしようか…今日も撒けるかな?」

「ココ(小学校)に来たって事は、私達の自宅も知られてる可能性は高いわね…」

「逃げても無駄ってことね…ハア」

「…そうね…」

「…どうせ逃げても捕まるのはわかったけど、せめて学校から離れた場所にしたいね…」

「同感だわ。あんなのと知り合いだなんて、明日から学校来れなくなるわ」

「じゃ、決まりね。……頑張りましょ…なるべく人が少なくて、目立たない場所まで…」


私達は頷きあった。
その後、学校の壁を乗り越え――裏門も見張られてた――何とか、彼らを撒き、自宅(最上家)へ向かって歩いていた。そこへ滑るように車が横に止まった。その派手な車を見た途端、昨日の人物が連想され、私達は逃げても無駄と思っていても、体は正直で逃げ出そうとしたが、一歩遅く、サンバダンサーの格好をした人達に囲まれ逃げ場を失い、そこを執事のような人――昨日私達を追って来た人――につかまって、車に乗せられたかと思うと、LME芸能事務所の社長室まで連行されてしまった……(ドナドナ ド~ナ ド~ナ~)





「いや~~よく来てくれたね!!最上君に琴南君!!」

「…招待を受けた覚えはないのですが…(昨日の今日でもう名前が知られてる!!)」

「…問答無用で連れてこられましたし…誘拐ですよ…これ(学校の校門で待ち伏せしてた時点でわかっていた事だけど…)」


上機嫌な社長の歓迎の言葉に、私と奏江はグッタリと返した。

宝田社長は今日も昨日とドッコイドッコイの格好…つまり、どこかのファンタジー映画に出てくる王様の衣装に身を包んでいた。私達の態度に気を悪くするでもなく、社長は私達を満面の笑顔で迎え、根掘り葉掘り、私達の事を聞き出し、最後にオーディションの書類を差出してきた…


「「……(まさか私達に受けろと…)」」

「(ニヤ)事務所に所属すれば、養成所の費用は免除になるぞ。通いたいんだろ?」

「「!!!(そんな美味しい特典が!!)」」

「どうする?」

「考えさせて下さい…。その、受験するなら親にも、相談しないと…(究極の選択…)」

「未成年ですから、親の承諾は必須ですし…(この人が上司(社長)…)」

「まあ、そうだな。なるべく早く、返事をくれ。日程が迫っているしな」

「「はい(う~~~ん)」」



結局、私達はオーディションを受けた。そして……無事合格し、俳優養成所にタダで通えるようになったのだが…


「君達のデビューは、俺が派手にプロデュースするからな!!大船に乗ったつもりでいたまえ!!ハッハッハッ」

「「…(絶対に嫌だーーー!!何としても、自分達で仕事を見つけてこないと!!)」」


社長のおもちゃにされては敵わないと決意も新たに、今日も養成所で演技特訓!!





つづく

2011-07-03
2011-07-30 改稿

LMEに所属するのは原作よりかなり早いです。実はデビューも蓮よりも早く、先輩です(笑)
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神無月白猫

Author:神無月白猫
ここは、神無月白猫の管理する、ス/キ/ビ/の二次創作ブログです。

管理人は雑食というか、漫画なら結構色々好きなのでジャンルは増えるかもしれませんが、原作者様並びに出版社様とは何の関係もありません。
二次創作に抵抗のある方、また意味の分からない方は、これ以上の閲覧をお控えください。
ご覧になられる方は、自己責任にて閲覧してください。
無断による転用・誹謗中傷・荒らし行為もご遠慮ください。
以上、了承いただける方は各記事にお進みください。
                          開設日2011年01月16日
移転日2011年04月09日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。